鷲はいまどこを飛ぶか

ミステリとSF、ときどき東方。

2019-08-16から1日間の記事一覧

東京に食べられて育った:『天気の子』について、その1

(本稿は『天気の子』の内容に詳しく言及しています) 雨降りしきる灰色の東京が、はじめに映されます。 それは雨の情緒さえ感じられず、風流などと云っていられない、じめじめとして暗い、現代における都市の雨です。広大で無機質なビル群がけぶる様は、な…